宮脇咲良、アユッテのeスポーツ部門への参加に意欲を示す

bayfmラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」(毎週水24:00~24:30)の2019/11/13(水)放送回にて。
ゲーム大好きアイドルのIZ*ONE宮脇咲良がアユッテ(韓国のアイドル陸上大会)のeスポーツ部門への参加に意欲を示していた。

スポンサーリンク

宮脇咲良:そして、IZ*ONE伝説の残したいヒトコマ、ラジオネーム・ウィズパンダさん。ありがとうございます。

リスナーメール:最近あった順で言うと、イェナの公開プロポーズ、ウンビの涙サプライズ、アンニョンズのセイル(?)などありますが、特に印象に残っているのはアユッテ(韓国のアイドル陸上大会)のリレーです。
チームプレーというか、ウンビちゃんのリーダー感というか、本当に感動しました。
イェナの公開プロポーズももちろん良かったけど、それはときめいたほうで、アユッテはチェウォンが転んだ後の姉さん、ロケット並の爆速&追い上げでめっちゃかっこよかったし、本当WIZ*ONEになれて良かったと思いました。
さくちゃんはそのときのこと覚えてますか?

宮脇咲良:これはあれですね。今年(2019年)のアユッテの話ですね。今年の夏に行われた。
私たち、(2018年の)冬に行われたアユッテのリレーで1位取ったんですよ。今回も1位獲りたかったんですけど、まぁなかなか難しくて。
私はあのアユッテ一個も競技に出たことがないので・・(笑)
まぁ出る気もないです、正直。
あの、日本で運動会とかをやるとか、あったじゃないですか。AKB運動会とか。下手でも笑ってくれるじゃないですか、なんか。
でも、韓国はガチなんですよ。本当に(笑)
上手な人しか出れないんですよ。だから私はもう無条件に・・。

スタッフ:出なくていいんだ(笑)

宮脇咲良:出る必要がない。
ただ、ここで朗報なんですけど、なんとアユッテにeゲーム部門が、eスポーツ部門が出来たんですよ!
運動は出来ないから。eスポーツでちょっと頑張りたいなって思うので、よろしくお願いします!(笑)

タイトルとURLをコピーしました