スポンサーリンク

宮脇咲良が東京ガールズコレクション2019で初ランウェイした感想と舞台裏

bayfmラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」(毎週水24:00~24:30)の2019/10/9(水)放送回にて。
IZ*ONEの宮脇咲良が東京ガールズコレクション2019で初ランウェイした感想と舞台裏の様子を語っていた。

宮脇咲良:(2019年)9月7日に東京ガールズコレクション2019 AUTUMN/WINTERで埼玉スーパーアリーナーで行われた東京ガールズコレクションに初めてランウェイを歩かせて頂きました~。
いやぁ、めっちゃ緊張しましたよ。
ウォニョンと私だったんですけど。
いや、ウォニョンはだってもう立ってるだけで、もうもう成り立つじゃないですか。もうスタイルめちゃくちゃいいし、綺麗だし。
だから、ウォニョンと私、違うブランドたったんですけど、ウォニョンの2コ出て、すっごいめちゃくちゃカッコイイやつと、あとちょっといつものウォニョンっぽいブランドの感じもあって、スーパーモデルでしたね、ウォニョンは。マジで。
で、すごいのが、もうモデルのお友達を作ってたんですよ、ウォニョンは。

そう、なんか待機中があるんですけど、そのショーに出る前に。椅子がぶわぁ~って置いてあって、その椅子のところに一人ずつ名前が書いてあるんですよね。IZ*ONE 宮脇咲良さんみたいな。
本当にすごい、トリンドルさんとか、マギーさんとか。なって、そこに座って待つんですよ。
で、対面式なんですよね、椅子が。あの、狭いからもう対面式で、目の前ですごいそうそうたるモデルの方々が待機してて。
えっ、もう、友達もいないし。私は(笑)
一人でもう本当に、生まれたての子鹿のように震えて待機してて。
スタッフさんとかも来れないんですよ、そこはもう。モデルさんたちだけなんですね。
で、メイクさんたちはまぁちょっとメイク直すぐらいはいるんですけど。だから、本当に緊張して。

でも、隣に鈴木愛理さんがいらっしゃって、なんか「いつも見てます」みたいな。
「今度うたコン一緒ですよね。宜しくお願います」みたな。「そのとき写真撮らせて下さい」みたいな話しかけてくれて。
それが唯一みたいな(笑)本当に。
本当に緊張して。
でもあの私が一番最後にそのブランドで出させて頂いたんですけど、めっちゃ歓声が大きくて、もうそれで助けられました。
最初は本当に緊張して、どうしようどうしようと思ってたんですけど、出た瞬間に「うわぁ~!」ってすごい女性の歓声がバァ~ってきて、それで楽しいと思って、なんとか歩き切れましたね。
でも、超緊張してたなと思うので(笑)、また北九州でも歩かせてもらうので、そのときはちょっとはカッコよく歩けるように頑張りたいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました