スポンサーリンク

【IZ*ONEメンバー妄想恋愛トーク】(1)自分から告白できる派?(2)理想のデートシチュエーションは?

bayfmラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」(毎週水24:00~24:30)の2019/9/4(水)放送回にて。
今回はIZ*ONEのメンバー5人(本田仁美、ユリ、ウンビ、ヘウォン、チェウォン)がゲスト出演。
リスナーからの恋愛相談メールに相談に乗るかたちで、IZ*ONEメンバーが妄想恋愛トークをしていた。

宮脇咲良:IZ*ONE宮脇咲良がお送りしている、bayfm「今夜、咲良の木の下で」。
恋愛は経験で語る時代から、イメージで語る時代へ。咲良的恋愛論。このコーナーは私、宮脇咲良が本や映画、漫画などから学んだ多くの知識を活用して、イメージだけで恋愛論を語ります。
あくまでも咲良的恋愛論です。
さて、咲良的恋愛論、特別編、悩み相談。
ラジオネーム、つちのこちゃんの恋愛相談です。メールをご紹介しましょう。

リスナーメール:高校生の女子です。恋愛相談させて下さい。
私は高校になって仲良くなった男子がいます。その子に誘われて映画に行きました。
それだけではなく、予定が合わなくて行けなかったけれど、2回もお祭りに誘ってくれました。
これって脈ありですか?自分に自信がないので教えて下さい。

一同:あぁ~。

宮脇咲良:いや、これはもう好きでしょ。好きだよね。

本田仁美:いや、絶対好きですね。これ。

ユリ:愛ですね~。

一同:(笑)

宮脇咲良:愛ですね~。本当に。絶対。どう思います?好きですよね、これは。

チェウォン:これは本当、

宮脇咲良:大丈夫だよね。

チェウォン:うん。

本田仁美:自信持ったほうがいいですね。だって、その子が映画誘ってくれたんですよね。

宮脇咲良:そうだよね。そうだね。全部、男子から誘ってきてるんでしょ。これ、絶対、

本田仁美:絶対、

宮脇咲良:大丈夫ですよ。

カンちゃん:大丈夫で何故(告白)しない?

本田仁美:(笑)本当に。

宮脇咲良:男の子からしてほしくない?自分からは絶対やだ。

カンちゃん:男から。

宮脇咲良:男から(笑)いや本当に。でもここから、どうしたらいいんでしょうね。

本田仁美:確かに。

宮脇咲良:暇だったから。夏休みだったから、誘ったっていう可能性も。

本田仁美:でもそしたら、別に男の友達にでもいいし、その子を誘う理由が、やっぱ好きだからじゃないですかね。

宮脇咲良:しかもさ、夏休みってさ、会えないじゃん。

本田仁美:ん、あぁ~、確かに。

宮脇咲良:その期間に会いたくて誘ったんじゃないかなって思うし、

一同:あぁ~(共感)

本田仁美:そりゃ好きだ。

カンちゃん:好きだ、好きだ。

宮脇咲良:2回もでもお祭りに誘ってくれたのにさ、断っちゃったじゃん。それは大丈夫なのかな?

チェウォン:大丈夫です。

宮脇咲良:大丈夫ですか、チェウォン。自分からいったほうがいい?

チェウォン:ううん(No)。

宮脇咲良:それとも、待ってたほうがいい?

本田仁美:男の子から?

宮脇咲良:ずっと待ってたほうがいい?

カンちゃん:男から、質問。

宮脇咲良:あぁ~。誘ったりとか、デートね。自分たち、自分はもう動いちゃ駄目?

カンちゃん:うん。

宮脇咲良:待っとく。大丈夫だから?

本田仁美:(韓国語で話す)

カンちゃん:ダメダメ。

ユリ:ユリは恥ずかしいだから、

宮脇咲良:ユリはできない。チェウォンは?

チェウォン:はい。

一同:おぉ~(驚き)

宮脇咲良:意外!

本田仁美:わぁ~、意外!待ってるもんだと思ってた。

宮脇咲良:何で、何で、何で?自分からいける?

チェウォン:はい。お~~、お~、はいはい。

一同:おぉ~(驚き)

本田仁美:何で、何で?

宮脇咲良:え~、すごい。っぽくない。

チェウォン:(韓国語で話す)

一同:(笑)

宮脇咲良:言ってもないって(笑)

本田仁美:したことない(笑)

宮脇咲良:言ってるだけ(笑)

チェウォン:はい。ないです。

本田仁美:可愛いっ!

宮脇咲良:あっ、したことないから言ってるだけ(笑)

一同:(笑)

宮脇咲良&本田仁美:可愛いっ!

宮脇咲良:じゃあ自分で告白するとき、何って言う?

チェウォン:「好きです。」

宮脇咲良:したことないから。

本田仁美:あっ、したことないから(笑)

一同:(笑)

宮脇咲良:ウンビちゃんは自分から?待つ?

ウンビ:私は、お~、(韓国語で話す)。

本田仁美:おぉ~、待機。

ウンビ:でも、今、(このメールの女の子は)、

宮脇咲良:自分から?

ウンビ:自分から

本田仁美:あ、この人は自分から、

宮脇咲良:前いったほうがいい?あぁ~。

ウンビ:先に誘っていいと思います。

一同:おぉ~。

宮脇咲良:何で何で?

ウンビ:なんか、

宮脇咲良:大丈夫そう?

ウンビ:大丈夫そう。

一同:う~ん(共感)

宮脇咲良:確かに。

本田仁美:どうやって話したらいいかな?「ご飯食べに行きましょう?」

ウンビ:あー、はい。「ご飯食べに行きましょう?」。ナチャラルに。

一同:あぁ~(共感)

宮脇咲良:ちなみにみんなだったら、どこにどんなふうに誘われたいか。

一同:おぉ~(真剣に考える)

本田仁美:みんな、悩む~。

ユリ:ユリは映画観たいです。

一同:あぁ~(共感)

ユリ:ポップコーン。

一同:わぁ~(悲鳴)

宮脇咲良:ポップコーン食べる時、手がね(笑)

ウンビ:私はユニバーサルで。

一同:(笑)

本田仁美:みんなすごい盛り上がってる(笑)

宮脇咲良:あ~、ユニバーサルで同じバッグ。恐竜バッグをね。
チェウォンは?

チェウォン:私は、(韓国語で話す)。

一同:あぁ~。

宮脇咲良:あぁ~。2人で行くならどこでもいいと。

チェウォン:どこでもいいよ。

宮脇咲良:ひぃちゃんは?

本田仁美:え~、でも~、私も映画がいいです。なんか。

宮脇咲良:え~っ、映画、でも喋れないじゃん。

カンちゃん:私も映画がいいと思います。

本田仁美:喋れないけど、なんか隣にいるのがいいと思います。

ユリ:映画、男、全然、(韓国語で話す)。

本田仁美:あぁ~。行ったことない。

ユリ:行ったことがない。

宮脇咲良:そう、みんなそうです。私もないです(笑)

本田仁美:遊園地とかはなんか恥ずかしい。

宮脇咲良:映画のほうがだってさー、せっかく会うのにさ、話せないの嫌じゃない?

カンちゃん:(韓国語で話す)。

本田仁美:あぁ、雰囲気がいいから。

宮脇咲良:映画が面白くなかったらどうする?

カンちゃん:でも、一緒にいるから別に。

一同:あぁ(共感)

本田仁美:言葉がなくても。

カンちゃん:あー、ヤダヤダ。

一同:(笑)

宮脇咲良:(ウンビオンニに)カンちゃんの手を握らないで下さい。急に(笑)

ウンビ:サクちゃん、サクちゃん?

宮脇咲良:わたし?え~っ、私はPCバン。

一同:(笑)

宮脇咲良:ゲームもいいですし、

ウンビ:でもボーイフレンドがゲームしない、

宮脇咲良:私が教える!

一同:あぁ~(納得)

本田仁美:わぁ、それも楽しそうですね。

宮脇咲良:それはそれで楽しいですね。すごい思わぬ盛り上がりを(笑)

本田仁美:あぁ~、すごいみんな笑顔(笑)

宮脇咲良:さぁ、というわけで、咲良的恋愛論、番外編、つちのこちゃんの恋愛相談の結論は、これはウンビちゃんが自分から誘っていいと言ったので、つちのこちゃん、是非男の子を誘ってみてください。
IZ*ONEの皆さん、ご意見ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました