スポンサーリンク

宮脇咲良21歳の抱負「IZONEで世界ツアーがしたい!」

bayfmラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」の2019/3/20(水)24時~放送回にて。
(2019/)3/19の誕生日で21歳になった宮脇咲良が21歳の抱負を語っていた。

宮脇咲良:(前記事「宮脇咲良の”咲良”という名前の由来について」の続き)
さぁ、そして今年21歳になりました。
いや、なんか、まだ21だったっけ?みたいな感じなんですよね。

あの、韓国では私、22歳なんですよ。
その数え方がちょっと違うくて、お腹にいるときから1歳っていう考え方なので、だから、(韓国では)何歳?って聞かれて22歳ですってずっと答えてたから、(日本だと)あっ、私まだ21?ってなんか若返った気持ちになって。

あと20歳から21歳までのこの1年がちょっと濃すぎたというか、3年ぐらいあった気がして、だから自分の体感、23歳ぐらいなんですよね。
えっ、本当に。(2018年)3月の頃にプデュに参加することはもう決まってましたね。
4月から収録だったので、その、面接とかオーディションとかをしていた時期なんですよね、ちょうど。

いやぁ、変わりましたね。でも10代と20代でこうしっかり、こうサッサッって区切りがついて、本当に違う人生歩めてる感じがするので。
いや、なんか、濃い人生だなって。なんか映画に出来そう(笑)
なぐらい、濃い人生が送れてて、すごい私は嬉しいですね。

21歳になっての抱負?
21歳はそうですね、なんだろうな。「世界に行きたい」みたいな。
なんか今までそれ言うとちょっと「何を言ってらっしゃるんですか?」みたいになったんですけど、今はなんかちょっと世界が近づいた気がするので、IZONEのみんなと一緒に世界にもっともっと羽ばたいていきたいですし、具体的な目標となると、IZONEでツアーがしたいなって思いますね。
韓国なり日本なり世界でツアーが出来たらいいなと思うので、コンサートをもっとたくさんしてWIZONEの皆さんに会いにいけたらいいなって思います。

タイトルとURLをコピーしました