宮脇咲良「IZONE活動中は自分のSNSでの情報発信が禁止されている」

2018/11/7(水)24時~放送のbayfmのラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」で、宮脇咲良はIZONE活動中はSNSが禁止されていることを明かした。だから唯一の自分の言葉で話せるラジオ(さくのき)は今後も継続したいという話をしていた。

スポンサーリンク

宮脇咲良:ここでリスナーの皆さんから「さくのき」継続訴えるメールたくさん頂いています。まだやってるよ~。さぁ、ラジオネーム、照れ屋の健康マニアックさんから。ありがとうございます。

リスナーメール:さくちゃん、スタッフの皆さん、こんばんわ。私は台湾のファンですから、さくちゃんに会いたいけど、なかなか難しいです。だからこそ、こういういろんなさくちゃんを見られるラジオ番組が本当に大好きで、ここは絶対守りたいですよ。
舞台上で輝いていて、プデュ(PRODUCE 48)でいっぱい汗をかいて、ちょっと遠い存在のさくちゃん。
実は仲間想い、面白くて、ときには毒舌で、こんな咲良ちゃんはラジオで一番あらわれると思います。
「テラハのおじさんに家賃払え」で爆笑しちゃった。そのとおりだ。

宮脇咲良:おじさんって(笑)

リスナーメール:今までラジオとか事務所とかメールや手紙は全然出したことはないので、こういう自分の感情を伝えること、めっちゃ恥ずかしいですが、でもさくちゃんの言う通り、ここは絶対に守りたいので、勇気を持ってメールを届けました。
日本語は上達ではないので、書き間違いのところがあれば申し訳ありません。
いつも面白くラジオ作られて、さくちゃんとスタッフの皆さん、ありがとうございます。

宮脇咲良:いやぁ、ありがとうございます。照れ屋なのにありがとうございます。
いやぁ、本当に。ラジオが一番やっぱ話しやすいですし、あとIZONEでいるときってSNS出来ないんですよ。自分のSNSを。そうなんですよ。
だから、自分から話せる場所がもうここしか無くなるんですよ、これから。まぁ、YouTubeもあるんですけど。
だから、話したいこともSNSで言えないぶん、もうここで溜まってるから、ここでこう言わないと(笑)、いけないというか。
だから本当にさくのきが無くなると私は、どこで話せばいいんだってなっちゃうので、やっぱりここは守りたいですよね。
偉い人~、聴いてますか~?(笑)

タイトルとURLをコピーしました