スポンサーリンク

IZONEが女子人気の高いファッション誌(non-no、ViVi、CanCam等)にたくさん特集されていることへの宮脇咲良の率直な感想

bayfmラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」の2019/2/13(水)24時~放送回にて。
IZONEが女子人気の高いファッション誌(non-no、ViVi、CanCam等)にたくさん取り上げらることに対して、宮脇咲良が率直な感想を語っていた。

宮脇咲良:引き続きメッセージをご紹介したいと思います。
まずはラジオネームごーぱっかーずさんから。ありがとうございます。

リスナーメール:さくちゃん、こんばんわ。
(IZONE日本)デビュー前からnon-no、ViVi、CanCamなど、たくさんの雑誌に取り上げられていて、IZONEに大きな期待が寄せられていますね。
プレッシャーはあると思いますが、思う存分暴れ回って下さいね。応援しています。

宮脇咲良:いやぁ~。すごいですよね。
今、目の前にあるんですけど、non-no、ViVi、CanCam。女子が読む雑誌じゃないですか。
今まで本当に出たくても出られなかった雑誌にこんなにですよ。ぶぁ~って。
しかも、デビュー前に出れるって本当にすごいことですし、特にnon-noはコンパクト版が表紙なんですよ、IZONEが。
いやいやいやいや・・、IZONEビューティーピックって書いてありますからね。

なんか今日、Popteenの取材をさせて頂いたんですけど、その前の号を観た時にIZONEっていう名前が3つ出てきて、「今韓国とかで流行っているアイドルIZONE」とか「IZONEみたいになりたい」みたいなコーナーがあって、IZONEのジャケット写真を真似して、モデルさんが撮ってくれてたりとかしてて、「えっ・・・?!」みたいになんか。
なんか「こんななってるんだ」っていうのをすごい実感して。

あと、取材のときも「IZONEみたいになるにはどうしたらいいですか?」みたいな。
「えっ~!?」みたいな。恐れ多いですって思って(笑)

本当になんか女性に憧れてもらえるアイドルって本当にすごいことになったなって思いますし。
いやぁ~、女性誌いっぱい本当に出てますよね。だってIZONEの名前が本屋に行ったらいっぱいあるっていうことですよね。
やばいですね。でも、全然肌感ないんですよね。
なんか、嘘でしょ(笑)
みんなで大掛かりなドッキリをしてるんじゃないかと(笑)、思うぐらい自分の中では想像もつかなくて。
ありがたいですね~。

もちろん、女性誌とはいえ、おじさんの皆さんも、まぁ本屋では「娘のを・・」って言えば行けるかな。
まぁでも、一番強いのは通販ネットショッピング最近充実してらっしゃいますので、そちらで購入して、ご家族や彼女がいらっしゃる方は本棚の奥底に・・・(笑)
それか、あっ、「彼女のために買ってきたよ」って言って、IZONE見て、「あっ、この子達可愛いね」って言って、彼女の方と一緒にファンになるっていうのもあり。ありがとうございます。そういう方向で(笑)
おじさんの皆さんも是非買って下さい(笑)

 

タイトルとURLをコピーしました