スポンサーリンク

IZONEメンバーがIZONEでデビューして一番変わったと思うこと

bayfmラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」の2019/2/6(水)24時~放送回にて。
「IZONEでデビューして一番変わったことは?」というリスナーの質問に、IZONEメンバーがそれぞれ回答していた。

宮脇咲良:じゃあ、続いて北海道のカンちゃんからです。あ、これはこのカンちゃん(IZONEのカン・ヘウォン)じゃない(笑)

全員:(笑)

宮脇咲良:ラジオネームです(笑)

リスナーメール:はじめまして。北海道からいつも楽しく聴いております。
私は天使ちゃん、チェウォンちゃんの大ファンで~す。PRODUCE 48の時からずっと応援してました。最終回でデビューが決まったときは本当に嬉しかったです。
そこで皆さんに質問です。デビューして一番変わったことは何ですか?
もうすぐ天使ちゃんに会えるのを楽しみにしています。

ユジン:天使ちゃん~。

チェヨン:私の考えは、チームワークがだんだん強くなりました。

全員:あぁ~(納得)

宮脇咲良:ん~、本当に本当に。

チェヨン:今が、

宮脇咲良:今がいい?

チェヨン:はい。

ユジン:本当に仲良しくなりました。

宮脇咲良:本当に。最初はね、なんか、プデュの時に同じグループになったことがないメンバーもいっぱいいて、だからユジンとか、

ヘウォン:私。

宮脇咲良:タシマンナであるじゃん。

全員:あぁ(笑)

ユジン:カンちゃ~ん。

ヘウォン:ゴメンなさい。

宮脇咲良:だからね、どうなるんだろうって不安だったけど、今はもうウンビオンニのおかげで、みんな仲良しだよね。

ユジン:私はカンちゃんと一緒にチームしたことがなくても、最近本当に仲良しになったから、

宮脇咲良:本当に仲良し。

ユジン:本当に不思議です。

ウォニョン:ベストフレンドだ。

宮脇咲良:カンちゃん、どんどん変わる。

全員:あぁ~(納得)

宮脇咲良:イェナも、

ウォニョン:初めては誰か、イェナ?イェナちゃん。

宮脇咲良:イェナだったり、

ウォニョン:今、ユジン。

本田仁美:次、誰だろう?

全員:次、誰~(笑)

ヘウォン:次は~。

宮脇咲良:(ラジオリスナーの)カンちゃんは推しがチェウォンなので、デビューして一番変わったことを是非。

チェウォン:う~ん。WIZONEファンの皆さんをもっとたくさん会うことができます。

全員:う~ん(共感)

ユジン:本当に。

チェウォン:良かったね。

全員:(笑)

本田仁美:あ~、可愛いね~。

宮脇咲良:でも、日本のね、ファンの皆さんにもこれからね、サイン会とかもありますからね~。

ウンビ:楽しみ。

宮脇咲良:そう、日本の方式とはまたね。韓国ではサイン会やったことあるけど、日本では一人ずつやったりとかするから、楽しみですね~。

ユジン:楽しみです。
でも、日本語がちょっとまだまだだから。

韓国メンバー:あぁ~(共感)

宮脇咲良・本田仁美:いやいやいやいや。

宮脇咲良:全然大丈夫。

本田仁美:大丈夫。

ユジン:ちょっと不安です。

宮脇咲良:ないです。全然大丈夫。みんな上手。

ユジン:みんな上手?本当に?

宮脇咲良:可愛いから大丈夫だよ。

チェヨン:ケンチャナヨ(韓国語で大丈夫という意味。IZONEの曲名)

全員:(笑)

タイトルとURLをコピーしました