スポンサーリンク

IZONEメンバーの韓国の宿舎での共同生活のエピソード

bayfmラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」の2019/2/6(水)24時~放送回にて。
IZONEメンバーが韓国の宿舎での共同生活のエピソードについていろいろ語っていた。

宮脇咲良:ここでWIZONEの皆さんからのメッセージをご紹介します。
さいたま市、ラジオネームじゅるじゅりさんからです。ありがとうございます。

リスナーメール:こんばんわ。先日ひぃちゃんのラジオでチェヨンとの同室エピソードを聴きました。
メンバーの同室組のエピソード、是非聴かせて下さい。

宮脇咲良:日本のね、ホテルではね、二人組でホテルなんですけど、何かエピソードありますか?

ウンビ:おぉ。みんながしっかりしていて、毎朝起こしてくれる。

宮脇咲良:えっ、誰が?

ウンビ:みんなが。

宮脇咲良:あぁ、韓国で?

ウンビ:はい。韓国の家で。宿舎で。

チェヨン:さくちゃんはすぐ寝てます。

全員:あぁ(納得)

本田仁美:すぐ寝る。

ウォニョン:すぐ寝る。

宮脇咲良:本当に一番早い。

チェヨン:それで私ちょっとつまらないです。

全員:(笑)

宮脇咲良:あぁ、ごめんなさい。

チェヨン:ちょっと退屈です。

本田仁美:私はすごい冷え性なんですけど、チェヨンオンニがあの電気マットみたいな、あったかいマットがあって、だから昔チェヨンオンニと一緒に2人でその電気マットの上で寝たのが想い出です。

宮脇咲良:えっ、2人で寝た?

本田仁美:一回だけですけど。

宮脇咲良:おぉ~。

ウォニョン:可愛い~。ギュっとしました。

本田仁美:ギュっとしてない(笑)

チェヨン:私、寒くて、さくちゃんのベッドに行ったこともある。

宮脇咲良:来たこともある。

本田仁美:あぁ、逆に行ったこともある。あ、そうなんだ。

宮脇咲良:そう。ありますね。

ユジン:私たちの宿舎は、イェナちゃんとヘウォンちゃんと私が本当に遅く寝ます。

宮脇咲良:あぁ~、想像が出来る。なんで、何してるの?

ヘウォン:最近面白いドラムが、

全員:あぁ(納得)

ユジン:みんな見る、今。

宮脇咲良:みんな見てるやつ?なに、何ていうやつ?

ユジン:スカイキャッスル。

宮脇咲良:面白い?

ユジン:面白い。大好き大好き。

宮脇咲良:ラブ?

ヘウォン:ラブじゃなくて、

本田仁美:コメディ?

ユジン:テスト。高校生のテスト。

ウォニョン:韓国の高校生。みんなライバルだ。

宮脇咲良:へぇ~。

ウォニョン:勉強、勉強。

宮脇咲良:面白い?

ウォニョン:面白い。

宮脇咲良:え~、見たいな~。

ウォニョン:ウォニョンが大好き。

宮脇咲良:ずっと見てるもんね(笑)本当にずっと見てる。
あぁ、それが今ね、流行りなんですね。IZONEの。

タイトルとURLをコピーしました