植木南央と田中菜津美が宮脇咲良と今後一緒にやりたいユニット曲は?

2018/11/28(水)24時~放送のbayfmのラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」で、植木南央と田中菜津美が「宮脇咲良と今後一緒にやりたいユニットはありますか?」というリスナーの質問にそれぞれ回答していた。

スポンサーリンク

植木南央:じゃあ続いて、ラジオネームようさんからです。

リスナーメール:南央ちゃんとさくちゃんといえば、劇場公演やコンサートのユニットが一緒のこと多いですよね。公演での「ウィンブルドンへ連れて行って」や「ガラスのI LOVE YOU」、成人式コンサートでの「 となりのバナナ」もやってましたね。
どれもアイドルらしい曲でとても可愛いく、お二人に似合っていた思い出があります。
今後さくちゃんと一緒にやりたいユニットはありますか?

田中菜津美:おぉっ。

植木南央:おぉーー。

田中菜津美:意外と一緒にやっとんやね。

植木南央:やってるね。可愛い曲を何故かこう私、咲良はまぁ分かるんですけど、何故か・・

田中菜津美:咲良の隣に置かれがち。

植木南央:(笑)引き立たせ役・・・。

田中菜津美:引き立たせ役(爆笑)

植木南央:止めてよ。ママとファンはよろこんどるんやから。

田中菜津美:違うよね、違うよね、そういうことではないんよね。
マネージャーさんがもう全力で笑ってます。バレたみたいな顔で(笑)

植木南央:止めてよ。一人のアイドルよ、ちゃんとした。

田中菜津美:(笑)

植木南央:そんな扱い止めて。
えぇー、そうねー。成人式コンサートで初めて二人ユニットを一緒にしたんですよ。

田中菜津美:ね。となりのバナナ。

植木南央:したら、まぁ私のファンの人もめちゃくちゃ喜びますし、

田中菜津美:結構反響あったもんね。

植木南央:もうマネージャーも「DVD出たら10本買えよ」みたいな、「最初で最後だぞ。」みたいな言い方してくるんですよ。

田中菜津美:(笑)良かったね、でも行く前にさ、想い出作れて。

植木南央:確かに!そうね。

田中菜津美:一生無かったかもしれんし。

植木南央:だから、最強のユニットやりたいね。たとえば、「君と僕の関係」みたいな。
(「君と僕の関係」の曲が流れる)
あっちゃんと板野さんみたいな、

田中菜津美:関係薄いやろ、そんな(笑)あれはめっちゃ仲いいからさ。

植木南央:前田さんと板野さんのもう幻みたいな、すごい二人がやってるわけよ。

田中菜津美:あぁいうのって、でもどうれてがやる曲よ。「君と僕の関係」出来る?

植木南央:えっ、じゃあ、南央となつみかん・・・、足しても無理か?

田中菜津美:(笑)

植木南央:足しも無理か。

田中菜津美:足しても追いつけれん。

植木南央:いやいつか、そういう神々しいイメージユニットも

田中菜津美:たしかにね。

植木南央:やってみたい。

田中菜津美:いつかはやってみたいよね。

植木南央:ねぇ。

田中菜津美:私はあのー、さくちゃんとはるっぴの「タブーの色」っていう曲があるんですけど、

(「タブーの色」の曲が流れる)

おっ、これです!これです!
これはあれですよね。女の子同士が好きになっちゃうみたいな曲なんだけど、これのスゴイんよ。咲良とはるっぴが。

植木南央:すごいよね。

田中菜津美:もうオーラがやばいんよ。そう。

植木南央:もう声が愛おしいよね。

田中菜津美:ありがとう。もう生まれてきてくれてありがとうのお気持ちで。
今度私はるっぴのポジションで是非(笑)

植木南央:(笑)よくも言えたね!

田中菜津美:(「タブーの色」を少し歌う)

植木南央:嘘やろ。ヒドっ。謝れ、はるっぴに謝れ。

田中菜津美:(笑)はるっぴが戻ってくるまではもうアンダーいつでも入れるんで。

植木南央:まかせられん、まかせられん。不安で仕方ない。

田中菜津美:(笑)もうね、こんな妄想ばっかりですけど、

植木南央:ね、いつか現実になったら皆さん一緒に喜んで下さい。

田中菜津美:やらして下さい、是非。

タイトルとURLをコピーしました