浜辺美波、小学校6年生の弟の駅伝大会を見て応援してきた話

ニッポン放送 ラジオ番組「浜辺美波 真夜中のシンデレラ」(毎週月~木24:53~24:58)の2019/11/25(月)放送回にて。
浜辺美波が地元(石川県)に帰って、小学校6年生の弟の駅伝大会を見て応援してきた話をしていた。

スポンサーリンク

浜辺美波:えー、先日ですね、あのー、金沢マラソンという地元のマラソンのスターターのゲストとして地元に帰ったよというお話をしましたよね(笑)
えっと、祖母のおうちとか、弟のバスケの試合を観に行ったりっていう話をさせて頂いたんですけど、実はですね、そのあと四日ぐらい東京にまた帰ってお仕事をして、またすぐにとんぼ帰りという形で金沢の実家に帰ったんですよ。
まぁ普通にあの実家に帰ってゆっくりしたいっていう想いもあったんですけど、あのー、弟の駅伝があって、それを見に帰ったっていうのが私のそのときのメインイベントだったんですよね。

あのー、弟、小学校6年生で運動会も終わっちゃったし、ね、他のイベントもあんまり見れなかったし、
で、駅伝っていう結構大きなイベントがあって、学校の行事っていうよりも、その個人でやりたいっていう人達が学校ごとに集まってみんなで走るみたいなイベントらしんですけど、あの、第一走者を弟が走るっていうことで見に行って来たんですよね。

まぁ、第一走者っていうことで、もう見たらすぐに帰ろうかなって思ったんですよ(笑)
でも、やっぱり、あの、弟のチームはすごい応援しちゃって、ゴールもスタートもバトンタッチの場所も、こう見える場所で見てたんですけど。
弟はね、スタートの何番くらいみたいな、それで結構列になるんですけど、それのジャンケンで先生が負けちゃったらしくて、その三列ぐらいの中の一番後ろだったらしくて。
結構、その、スタート運が悪かったっていうのもあって、あのー、あんまりいい順位で次の人へバトン渡せなくて。
でも、なんかその後の子達も頑張ってくれて、すごく最終的に真ん中よりも前の順位でゴールできたので、なんかそういうの見てるとすごく、あの、いいなと思いました。団結力もあって。

そこでね、あのー、いろんな小学校の先生たちも集まるんで、地元の私の行ってたところから、転任しちゃった先生とかがいたらしくて、そういう人にも会いましたと言いたいところなんですけど、個人のなんか測定会みたいなのやってるとき、私、車で寝てて、ちょうどその先生たちが帰ってきたタイミングでも会えなくて(笑)
まぁ会えなかったんですけどね。まぁすれ違ったということで。はい。

でもすごく、こういう応援するね、機会を与えてくれた弟はいいなと思いました。はい。
なんか、駅伝とかね、やったことない人も多いと思うんですけど、是非やってみて下さい。
結構楽しそうだなと思いました。

(~CM~)

浜辺美波:「浜辺美波 真夜中のシンデレラ」。今夜も最後までありがとうございました。
小学校6年生のね、一番の大きなイベントは卒業式かなと思って、本当はすごく行きたいんですけどね。
行けるかどうか分かんないんですけど、出来れば行きたいなと思います。
おめでとうって言いたいですよね。

タイトルとURLをコピーしました