スポンサーリンク

「ヨブンのこと」北陸放送とラジオ沖縄が増えて全国7局ネットに!朝井リョウの全国枕営業活動が功を奏する。

2018/10/7(日)22時30分~放送のニッポン放送のラジオ番組「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」で、同番組(ヨブンのこと)が北陸放送とラジオ沖縄でも今後放送されることになり、全国7局ネットになったことが報告された。

高橋みなみ:こんばんわ、高橋みなみです。

朝井リョウ:朝井リョウです。

高橋みなみ&朝井リョウ:(声を合わせて)北陸放送さん、ラジオ沖縄さん、これからよろしくお願いします。(拍手)

高橋みなみ:なんだろう、すごい恥ずかしい。今の。

朝井リョウ:卒業式みたいですね。

高橋みなみ:スゴくない?あのさ、二人って書いてある台詞をさ、ノー合わせでさ、(二人の)呼吸だけでやるやつ。

朝井リョウWINDING ROAD(絢香×コブクロさん)でしょ?

高橋みなみ:(笑)や、うわぁ、なんか久しぶり。なんかAKB以来だわ。

朝井リョウ:だぁ、わぁ。

高橋みなみ:なんか、はぁ(息を吸う音)みたいなやつ。

朝井リョウ:あぁ、AKBの一番初めの挨拶の「AKB48です」のやつ。

高橋みなみ:そう。

朝井リョウ:じゃあ、あれやっとく?「AKB48です」って自己紹介した後にさ、「イエーーイ!」って言って。

高橋みなみ:(笑)馬鹿にしてない、それ?

朝井リョウ:あれ、なんなの?

高橋みなみ:あれ、なんなの?(笑)

朝井リョウ:「あれ、なんなの?」って思ってなかった?当時現役の時。

高橋みなみ:いや、でも、だって指示があったから。

朝井リョウ:あっ、「イエーーイ!」っていう指示が?

高橋みなみ:(笑)そういうよりも、なんか本当、マネージャーさんが盛り上げてアゲていかないといけないから、やっぱりみたいな。

朝井リョウ:あれはじゃあ、「アゲていかないと」というのの気持ちが言葉になった結果の、「イエーーイ!」

高橋みなみ:そう、自分を奮い立たせるよー!っていうやつです。

朝井リョウ:あ、そういうことだったのね。

高橋みなみ:いや、いいんですよ、そんな話は。なんですか、なんですか、ちょっと。

朝井リョウ:北陸放送さんとラジオ沖縄さんが、私達(ヨブンのこと)の可能性にBETしてくれました。投資してくれました(※北陸放送とラジオ沖縄で「ヨブンのこと」のラジオ番組の放送が決定して全国7局ネットになった)。

高橋みなみ:スゴくない?このタイミングでの投資ってさ。

朝井リョウ:このタイミングで。あの、先見の明ですよね。これやっぱり。

高橋みなみ:先見なの、これ?

朝井リョウ:「これから、この二人は50年後のニッポン放送・・」

高橋みなみ:もう、伸びないじゃん!

朝井リョウ:えぇっ~!?

高橋みなみ:考えて。伸びる?

朝井リョウ:どうした?どうした?

高橋みなみ:もう伸びないじゃん。

朝井リョウ:その見解はどこから生まれたんですか?ちょっとおっしゃって下さい。

高橋みなみ:いや、だってやっぱりさ、始まって半年ぐらいはさ、お互いさ、初々しくてさ、話すこともたくさんあってさ、

朝井リョウ:知らないこともたくさんあって。

高橋みなみ:そうそう、(今は)もうなんかお互いなんとなく理解してさ、なんかちょっとたまにメールとかしちゃったりとかしててさ。

朝井リョウ:もう、マンネリだよね。

高橋みなみ:もう、マンネリじゃん。

朝井リョウ:でも、これから高橋さんは大女優になります。

高橋みなみ:(笑)いやいや、待って待って。女優なんて一回もやってないし。

朝井リョウ:高橋さんのその秘めた演技の才能っていう、ごめんなさい、私、あの何者の朗読、聴いてないんですけども。(※高橋みなみは朝井の2018年の誕生日に「何者」の朗読ドラマCDをプレゼントした)

高橋みなみ:聴け!うわ、忘れてたー!えっ、聴いてないの?

朝井リョウ:えっ?

高橋みなみ:あの5、6時間あるやつ聴いてないの?

朝井リョウ:えっ?

高橋みなみ:1ミリも?

朝井リョウ:そこでさ、高橋さんのさー、

高橋みなみ:1ミリも聴いてないなー!嘘や・・。

朝井リョウ:高橋さんの演技力がさー、見つかるっていう出来事もあったわけじゃないですか。だから、これからきっと、私たちが変わっていくわけですよ。どんどん、どんどん。

高橋みなみ:えっ、じゃあ朝井さんもまさかの俳優になってるっていうパターンもあるっていうこと?

朝井リョウ:俳優になったりとか、あと何だろう、政治家になったりとか、

高橋みなみ:ジュノンボーイ!ジュノンボーイ!

朝井リョウ:(笑)えっ、今から?今からジュノンボーイにまずなりたいと思わないといけないもんね。

高橋みなみ:(笑)

朝井リョウ:そこから始めないといけないもんね。

高橋みなみ:きっかけからね。

朝井リョウ:きっと、私たちがこれから変わっていけば、話すこともきっと変わっていくっていうこと、そこにBETして下さったんじゃないですか。

高橋みなみ:北陸放送さんとラジオ沖縄さんが。

朝井リョウ:ラジオ沖縄さんが。素晴らしいですよね。

高橋みなみ:スゴイ勇者だよね。

朝井リョウ:これまで首の皮が5枚でしたっけ?

高橋みなみ:あぶなっ(笑)

朝井リョウ:ギリギリ。

高橋みなみ:あっぶね(笑)

朝井リョウ:星(★)と同じね、位置で。

高橋みなみ:5って危ないからね。本当に。1個無くなったら本当に終わりだからね。

朝井リョウ:本当危ない。5点差だと、バレーボールもまだ油断できないから。

高橋みなみ:あ、いけるの。

朝井リョウ:そう、4点差とかひっくり返されるから、すぐ。でも、7点差ついたら、

高橋みなみ:うん、7結構でかいよ。

朝井リョウ:そうそうそう。まだ大丈夫ですから。ま、でも7分の1が、その岐阜っていうところがかなりこうね、脆い。

高橋みなみ:脆い(笑)岐阜なんてもう糸一本みたいな。

朝井リョウ:その糸一本で蜂蜜をこうタラーっと垂らした時の、

高橋みなみ:(笑)もう糸でもない。液状だから。

朝井リョウ:細さで繋がっておりますから。でも良かった、本当に。でも私はもう身体がもうもたない。もうやっぱり。

高橋みなみ:いやいやいや(笑)さっき伸び率みたいなの言ってたじゃん!お願いしますよ。

朝井リョウ:やっぱり、そのー、

高橋みなみ:あ、でもそうか。朝井さんの枕営業のおかげかー。

朝井リョウ:そう。あの、今回だからちょっと西日本を中心に身体を売らせて頂いたんですけども、

高橋みなみ:大変ですね、やっぱり。

朝井リョウ:それでもやっぱ釣れたのはたった2局なのよ。

高橋みなみ:いや、でもすごいわよ!2局釣れたんだから(笑)

朝井リョウ:これまで頑張って頑張って結構キープしてきたんだけど、割と釣れたんだけど、あんなに回ったのにー、

高橋みなみ:そんなにね

朝井リョウ:あのー、二人しかオッケー、あのー、次もやりたいというふうに言ってくれなかったんですよ(笑)

高橋みなみ:(笑)

朝井リョウ:私の身体をね。

高橋みなみ:止めなさいよ(笑)言い方よ(笑)

朝井リョウ:本当につらい。

タイトルとURLをコピーしました