【日本留学体験談・前編】中国人大学生 宋さん

RADIO BERRY FM栃木 ラジオ番組「IZ*ONE本田仁美のWorld Get You」(毎週木21:30~21:45)の2019/11/7(木)の放送回にて。
日本に留学した中国人大学生・宋せいこうさん(男性)の日本留学体験談【前編】が紹介されていた。

スポンサーリンク

日本留学のきっかけ、留学中に印象に残った出来事

本田仁美:今回は2017年10月に中国から日本に留学に来た「宋せいこうさん」のお話をお送りします。
まずは留学しようと思ったきっかけと印象に残った出来事を教えてもらいました。

宋さん:僕は大学に卒業して、自分の将来とか考えれば、やっぱり違う国の生活・文化・教育を体験したいな~と思って、最終的に日本を選びました。
日本に来て、自分の視野を広げて、人生に変えられない記憶を残したいなと考えました。

一番、深く印象に残したことは、2017年、自分で日本に来た初めての日に、そのときはどうしても学校の道を探せなかったときは、近くにいるおじいさんがいたので、おじいさんに道を訊いたら、めっちゃ優しく道を教えて頂きました。
でも、それでも僕は分からなかったので、おじいさんが自分のやっている仕事を止めて、自分の車で学校まで直接送って頂きました。
本当に感激しておりました。

本田仁美:違う国、文化を体験しようと思って、留学をしようと思ったそうです。
グローバルな社会だから確かに将来を考えると他の国の文化や言葉を知るのも大切かもしれませんね。

そして、印象に残った出来事は、初めて日本に来て学校の場所が分からなくて困っていたら、近くにいたおじいさんが学校までね、送っていってくれたということで。
ね、やっぱ初日に知らない国の知らない人に声をかけるっていうのはかなり勇気がいることだと思うのに、すごいなぁ~ってすごい尊敬しますね。
そして、おじいさんもわざわざ自分の仕事を止めてまでもね、学校に送って下さったということで、とても優しいおじいさんで、同じ日本人としてすごく誇らしく嬉しくなりますね。

私も韓国に着いた初日っていうのは、やっぱりなんだろうな、海外に行った経験もまずあまり無かったので、まぁでも一番ね、言葉が不安でしたね。

日本留学前に不安だったこと、留学中に困った出来事

本田仁美:続いては宋さんが留学前に不安に思っていたこと、留学していたときに困った出来事をお聞きしました。

宋さん:日本に来て、日本の地元社会に溶け込めるか、日本人の友達がたくさんできるかを心配していました。
でも自分が本当に日本に来たら、学校のいろいろなチャンスもあるし、留学生と日本人の交流パーティーみたいな機会ももらったし、こんな活動を参加して、いろいろな友達ができて良かったなと思います。

困ったことは、あまり大きなことは無いんですけど、まぁ、ふと家に帰って、そういう寂しさですよね。
どう潰そうかな、こういうことを、まぁ時々困っていました。

本田仁美:交流パーティーがあったらね、友達を作る機会もありますし、声もかけやすいし、そういう場があるっていうのは、ね、ありがたいことですね。
そして、ふとした瞬間に寂しさを感じるときが困ったそうです。
なるほど~。そういうときは動画を観たり、音楽を聴いたりして過ごしていたそうです。
確かにホームシックとは違うけど、一人になると急に寂しくなるなんてこともありますよね。
私も結構そういうことあって、そういう寂しくなったときは家族に電話しています、私は。はい。

今回は宋さんの留学のきっかけや不安だったことをお聞きしました。
来週も引き続き、宋さんの話を聞いていきます。お楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました