【アメリカ留学体験談・後編】女子大生 成田シオリさん

RADIO BERRY FM栃木 ラジオ番組「IZ*ONE本田仁美のWorld Get You」(毎週木21:30~21:45)の2019/9/5(木)の放送回にて。
アメリカに留学した女子大学生・成田シオリさんさんのアメリカ留学体験談【後編】が紹介されていた。

スポンサーリンク

アメリカ留学前後で変わったこと

本田仁美:今回は先週に引き続き、アメリカに留学した大学生、成田シオリさんのお話をお送りします。
先週は留学のきっかけや不安だったことなどをお聞きしましたが、今回は留学する前と後で変わったことをお聞きしました。

成田シオリさん:留学前は不安だらけなことがあったんですけど、現地に行ったら自信を持ってっていうふうにして、それで2週間っていうちょっと短い期間だったんですけど、たくさん現地の人と交流して、毎日英語に触れる中で生活したことによって、その自信が本当に持てたなと思います。

それだけじゃなくって、新しい外国人のお友達も出来て、中には今でも連絡を取っている人がいます。
で、その人とはちゃんと英語でやりとりしてるんですけど、帰ってきてからも英語にちゃんと触れられる時間ができてとても嬉しいです。
今後もどんどん英語を使えるときは使って、英語力が伸ばせるように努力したいと思っています。

本田仁美:留学に行く前は英語としばらく触れてなかったから不安だったっていうお話もされてましたけど、現地の方々と交流することによって、自信を持てたそうです。

そして、現地でできた友達と今でも連絡を取り合っているそうです。
わぁ~、素敵ですね~。どんなに遠くにいても、文通とかね、あとはメッセージとかを送りあえる仲って本当に素敵だなっていうふうに思います。

アメリカ留学後の将来の夢

本田仁美:最後にシオリさんの将来の夢、そして私への質問などもお聞きしました。

成田シオリさん:将来、私は幼稚園の先生になりたいと考えています。
キャリアを十分に積んでから、最終的には海外青年協力隊として海外でお仕事をしたいという夢があります。
それも子供と関わるっていう好きな仕事をしながら、自分の得意分野である英語を活かすためという理由です。

ちなみになんですけど、私もそのインディアナ大学研修に参加します。
私が今までやりとりしていたお友達ともまた再会することが出来ます。
今週この放送されているときにはもう現地に着いていて、現地の方とたくさん会話をしてるんじゃないかなと思います。

ひぃちゃんに質問があります。
私はこれまで海外に何回か旅行してきたんですけど、その先で景色を観るっていうのがとても好きでした。
景色を観ていろんな想い出を思い出したりとかするのがとても楽しいです。
ひぃちゃんもIZ*ONEの活動でこれまでいろんな場所に行ったと思うんですけど、その行った先での忘れられない景色はありますか?是非教えて下さい。

本田仁美:わぁ~、スゴイ!素敵ですね、幼稚園の先生。
シオリさんならきっとなれると思います。
でも海外でね、子供と関わるお仕事って素晴らしいですね~。うん。
英語もできる幼稚園の先生、とってもカッコイイと思います。

そして今年も去年と同じ研修でアメリカに行くそうです。
わぁ~、羨ましい~。私も先日アメリカ行ったんですけど、本当に素敵な想い出がたくさん出来たので、また何かしらの機会で行けたらいいなっていうふうに思ってます。
研修も頑張って下さい。

【ひぃちゃんQ&A】今まで行った国や地域で一番忘れられない景色は?

そして、私への質問でありましたが、「今まで行ったことがある国や地域の中で、一番忘れられない景色、また一番記憶に残っている景色はありますか?」ということで。
そうですね、私、それだったらロサンゼルスのホテルでなんですけど、そのホテルの70階ぐらいの高いところから夕陽が沈むところをちょうど見ることができて、そのときにロサンゼルスの街とか、あとはその夕陽が沈む瞬間の空のグラデーションが観れて、あの景色は本当に言葉が失うぐらいの綺麗な景色だったので、一生忘れられない想い出に残っています。
また見に行けたらいいなって思います。

2週に渡ってシオリさんの留学の体験談をお送りしました。

タイトルとURLをコピーしました