スポンサーリンク

【ペルー留学体験談・前編】女子大生 高橋ミノリさん

RADIO BERRY FM栃木 ラジオ番組「IZ*ONE本田仁美のWorld Get You」(毎週木21:30~21:45)の2019/10/10(木)の放送回にて。
ペルーに留学した大学生・高橋ミノリさんのペルー留学体験談【前編】が紹介されていた。

ペルー留学のきっかけ、留学中に印象に残った出来事

本田仁美:今回は2018年8月から2019年8月までペルーに留学した大学生、高橋ミノリさんのお話をお送りします。
まずはペルーに留学しようと思ったきっかけと、印象に残った出来事を教えてもらいました。

高橋ミノリさん:えー、私がペルーを選んだ理由はですねー、大学で学んだスペイン語をブラッシュアップしたくて、実際ペルーに行ってスペイン語を学びたいっていうのと、あとは日本人に結構日系ペルー人の方いらっしゃると想うんですけど、その日系ペルー人の方達、その現地での日系ペルー人の方っていうのを知りたくて、行きました。
あとは、その日系ペルー人に対しての日本語教育がペルーでは一体全体どうなってるんだろうっていうことでペルーを選びました。

私がペルー留学で最も印象に残っていることは、まずペルー人の人がすごく温かいことですね。
道でペルー人に「ここどうやって行くんですか?」って聞いても、すごく優しく、聞いてないことまで以上にこう話してくれたりするのがすごく優しいなぁ温かいなぁっていうふうに感じました。

あとはペルー料理がすごく美味しかったです。こうちょこちょこペルー料理美味しいよ~っていう噂では聞いてたんですけども、実際本当に行って食べてみたら、「あっ、こんなに日本人の口に合う食事が日本の裏側の大陸にもあるんだな」というふうに、ビックリしました。

あとは、ペルーで日本語教育に関するインターンをやってたんですけれども、そちらでの経験もすごく印象に残っております。
日本じゃあ体験できない経験ですので、スペイン語で話したりとかもできるので、それがすごく印象に残ってます。

本田仁美:大学で習っていたスペイン語をさらに勉強したくて留学したそうです。
う~ん、日本語教育のインターンにも参加したそうですよ。なるほど~。
また、ペルーの人達はとっても温かい人達だったそうです。
お話の中でありましたけど、道を聞いたらね、すごいプラスな情報も教えてくれるということで、すごくありがたいですね~。

ペルー留学前に不安だったこと、留学中に困った出来事

本田仁美:続いては、ミノリさんが留学前に不安に思っていたこと、留学していたときに困った出来事をお聞きしました。

高橋ミノリさん:やっぱり、留学前ってインターネットですごく調べると思うんですけど、なかなかペルーに関する情報っていうのがネットに結構載ってなくて、それがすごい、調べても調べても情報がないので情報不足だったのがすごい不安でしたね。
あとは飛行機の乗り換えっていうのは私、人生で初めてだったので、それがすごい不安でしたね。はい。

現地で困ったことは、日本よりもやっぱり海外ですので、圧倒的に治安が悪かったのがすごく怖かったかな~っていうふうに思います。
あとは、コミュニケーション方法として、まぁペルーはスペイン語が公用語なので、まぁでも英語話せる人何人かいるんじゃないかな~って思ったまま行って、英語で話したら思ったより英語が通じなかったっていうのがショックでしたし、まぁ私自身もスペイン語そんなに話せなかったので辛かったな~って思いますね。

ただ、こう私が持ってるスペイン語のボキャブラリー、少ないボキャブラリーの中で、頑張ってコミュニケーション取ろうとすると、向こう側も簡単なスペイン語で私に話しかけてくれたりとか、ボディーランゲージで私と頑張って話そうとしてくれたりとか、ちょこちょこ英語とスペイン語を混ざりながら話してくれたりするのはすごく私としては助かりました。

あとはペルーに行った時に、ビザを作らなきゃいけなかったんですけど、そのビザ作成もすごい大変で、いろんなやることがもうたくさんあって大変でした。

本田仁美:ペルーに行く前は、インターネットでなかなかペルーの情報がなかったので、分からないことが多くて不安だったそうです。
なるほど。でもだいたい最近って、インターネットとかで調べたら何でも出てくる感じだったから、やっぱ情報をそれなりに集めてから行きたいからちょっと不安だったかもしれないですね。うん。
そして、スペイン語があまり出来ない状態で行ったので、英語があまり伝わらくて困ったそうです。
でも、相手の方が簡単なスペイン語を使ってくれたり、身振り手振りで話をしてくれたりして、コミュニケーションを取っていたそうです。
なるほど~。私も韓国に来た時はもう全然韓国語分からなかったので、もうどうしようかなっていうふうにすごい不安だったんですけど、もう「アニョハセヨ~」ぐらいしか分からなかった状態で行ったんですけど、ね、やっぱりその韓国メンバーの子とかも同じように、なんだろうな、日本語、簡単な韓国語を使ってくれたり、日本語も交えて話をしてくれて、私も助かりました。
共感できるところありますね~。

今回はミノリさんのペルー留学のきっかけや、不安だったことをお聞きしました。
来週も引き続きミノリさんのお話を聞いていきます。お楽しみに~。

 

タイトルとURLをコピーしました