【アメリカ留学体験談・後編】女子大生 小堀ウタさん

IZ*ONE本田仁美のWorld Get You

RADIO BERRY FM栃木 ラジオ番組「IZ*ONE本田仁美のWorld Get You」(毎週木21:30~21:45)の2019/7/25(木)の放送回にて。
アメリカに留学した女子大学生・小堀ウタさんのアメリカ留学体験談【後編】が紹介されていた。

アメリカ留学前後で変わったこと

本田仁美:今回は先週に引き続き、アメリカに留学した大学生、小堀ウタさんのお話をお送りします。
先週は留学のきっかけや不安だったことなどをお聞きしましたが、今回は留学する前と後で変わったことをお聞きしました。

小堀ウタさん:「何事にも恐れず挑戦すること」、そしてそれが私の生きるモットーになりました。
留学に行く前は、もし道に困っている外国人の人を目にしても、「大丈夫ですか?」と声をかけるこの一本の勇気というものが出ませんでした。
それがすごく悔しかったですし、だからこそ留学に行って、もっと英会話勉強したいというふうにも思っていました。

でも、今は留学から帰ってきてからは、やっぱり積極的に話しかけるっていうことが出来るようになりましたし、実際に留学に一緒に行った友だちと英語で無料のボランティアガイドを日光で行っていました。
それも自分たちから声を掛けていたので、留学後起きたすごく大きい変化かなというふうに感じます。

本田仁美:何事にも恐れずに挑戦することが出来るようになったそうです。
そして、それが人生のモットーになったそうですよ。
私の人生のモットーはですね、「何事にも感謝」ですかね。
以前この番組でもお話させて頂いたことがあると思うんですけど、やっぱり自分一人では何事も出来ないし生きていけないから、好きな人でもちょっと苦手な人でも、やっぱり何事にも感謝の気持ちを持つことは大切だなっていうのは思いますね。

そして、戻ってきてからは英語でボランティアガイドをしたそうです。
早速、留学の経験を活かすっていうのはスゴイですね。
やっぱり日本とかでも海外の方が英語で道とか聞いたりすることも多いと思いますけど、英語で道案内とかボランティアガイド出来るっていうのは、すごいですよね。
私もなかなかしたいけど出来ないことなので。まぁ英語が苦手なので(笑)。
そういう面ではやっぱりボランティアガイドさんとかいたらすごい助かるなっていうふうに思います。

アメリカ留学後の将来の夢

本田仁美:最後にウタさんの将来の夢、そして私への質問などもお聞きしました。

小堀ウタさん:私の夢は国際交流のこの魅力っていうのを栃木全体から日本中に発信していくことです。
私は大学で国際交流団体のリーダーを今務めています。
この団体では大学に来る留学生の空港の出迎えとか、あとは日本の生活のサポート、あと日本と留学生を繋ぐための国際交流パーティーなどのイベント企画などをしています。
次の企画としましては、国際オリンピックと称して、留学生たちの出身国、また日本人の県別にチームを作って、大学内でオリンピックイベントを開催したいと思っています。
今は大学のみなんですけど、こういったふうに人と人とを繋ぐ国際交流イベントを私のこの大好きな栃木県という場所で開催していって、最終的には日本中に国際交流を広めるのが私の今の夢です。

小堀ウタさん:ひぃちゃんに質問です。もし1ヶ月お休みを頂いて、どこかの国に過ごすならどの国に行きたいと思いますか?
また、その国でどんなことをしたいですか?教えて下さい。

本田仁美:栃木から国際交流の魅力を伝えていきたいそうです。
いろいろな企画を通して人と人を繋いでいきたいそうです。
さきほどお話の中にもありましたが、パーティーとかあるっていうのを聞いて、やっぱりスゴイいいなぁって思います。
国によっていろいろ美味しい食べ物とかいっぱい食べられたら楽しいかなって私も思います。また食べ物の話でごめんなさい(笑)

【ひぃちゃんQ&A】1ヶ月休みがあったらどこの国で過ごす?

そして私への質問でですね、「1ヶ月お休みがあったらどこの国で過ごしたいですか?」「そしてその国で何をしたいですか?」ということで。
そうですね~。でも、あのいっぱいあるんですけど、まぁ一つはブエノスアイレスがあるアルゼンチンとか、すごい景色が綺麗っていうのを聞いたり。あとは私、冷え性なので、あったかい国だっていうのを聞いたので、そこに行ってみたいなっていうのも思いますし、あとは国ではないんですけど、私チーズが大好きなのでヨーロッパでチーズの旅みたいなのをやりたいですね。
ラクレットチーズとかスイスで食べてみたいですし、カマンベールチーズとかゴルゴンゾーラチーズとか、ちょっと癖のあるチーズも本場で食べてみたいなっていうふうに思います。

2週に渡ってウタさんの留学の体験談をお送りしました。

タイトルとURLをコピーしました