スポンサーリンク

宮脇咲良、グローバルアイドルとしてのIZ*ONEを語る

bayfmラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」(毎週水24:00~24:30)の2020/6/10(水)放送回にて。
宮脇咲良がリスナーのメッセージから「グローバルアイドル」であるIZ*ONEについて語っていた。

宮脇咲良:ラジオネーム「ムゥ」さん。

リスナーメール:さくちゃん初めまして。

宮脇咲良:初めまして!

リスナーメール:1年ほど前から「さくのき」を聴いていましたが、どうしても感謝を伝えたくて今回初めてメールを送ります。私は元々「48オタ」で、5年前に推しが卒業するとともにオタ卒をしました。それから推しのいない生活をしていましたが、IZ*ONEに出会い「推しのいる幸せ」を再び感じています。

そんな私には5歳下の妹が居ますが、妹は趣味趣向が正反対です。
私は「48」、妹は「K-POP」が好きでした。
でも「IZ*ONE沼」に妹を引き込むことに成功して、今では妹もユジン推しの立派なWIZ*ONEです(妹はユジンが自分と同い年と知らずに好きになったのが、のちのち嬉しかったみたいです)。

IZ*ONE好きになってから「韓国のアイドル文化」を妹に教えてもらい「日本のアイドル文化」を私が教えたりと、今までなかったコミュニケーションができています。妹と17年一緒に居て、初めて共通で好きになったのがIZ*ONEです。おかげで、より仲良くなれたと思います。
学業の関係で離れて暮らしていますが、IZ*ONEのおかげで前より連絡も多くなりました。
兄としては今まで知らなかった妹の面を知り、友達の様に語れる今が嬉しいです。
本当にIZ*ONEには感謝でいっぱいです。ありがとうございます。

最近は急に暑くなったりしているので、体調に気をつけてください。
これからも兄妹揃って応援しています。

宮脇咲良:ありがとうございます。
いやぁ。私も思うんですけどIZ*ONEって「K-POPアイドル」でもないし「日本のアイドル」でもなく「グローバルアイドル」じゃないですか。だから「日本のアイドルの良さ」もあるし「韓国のアイドルの良さ」もあって。私は「日本のアイドル文化」は、よく知ってるほうだったんですけど「韓国のアイドル文化」は韓国のメンバーに教えてもらって。
そういう感じでこう…なんだろう、2つの良いところを掛け合わせた「最強のグループ」なんじゃないかなって…。「自分たちで言うな」って感じですけど(笑)。

(そんなグループ)に「なりたいな」とも思いますし「そうなれている」んじゃないかなと思うので…。私は「元々K-POPを知らなかった」って方も是非、IZ*ONE好きになってくれたら嬉しいし、今まで「日本のアイドルよく知らなかった」っていう…海外の方ももちろんそうですし、そういう方にもIZ*ONEを知ってもらって「あぁ、こんなアイドルも居るんだ。素敵だな」って思ってもらえたら嬉しいなと思いますね。

タイトルとURLをコピーしました