スポンサーリンク

宮脇咲良のIZONEでの韓国語キャッチフレーズとHKT48での日本語キャッチフレーズの違い

2018/12/26(水)24時~放送のbayfmのラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」で、リスナーのリクエストに答える形で、宮脇咲良は自身のIZONEでの韓国語キャッチフレーズとHKT48での日本語キャッチフレーズを口にしていた。

宮脇咲良:さぁ、中国のラジオネーム、ショート・リーさんからメール頂きました。ありがとうございます。

リスナーメール:中国のファンです。ポイントを稼ぎに来ました。僕が初めてさくちゃんを知ったのは7年前かな。みんなの心に咲良咲きたかったさくちゃんが、もうこんなに大きくて、こんな格好良くて、バラエティーの神に恵まれて、ガールズクラッシュになりました。
長年、たたき磨いた日本語はこれから通用しかねるんですが、今はもはや初心に戻った状態で、毎日ゼロからみたいになっています。
でもIZONEの動画がだんだん楽しくなってきました。2年半、そんなに長くない気がしています。
言いたいことはいっぱいありますが、やっぱりさくちゃんは可愛いよ、です。
あとひとつお願いがあります。IZONEの活動では聞けないあのキャッチフレーズお願いしてもいいでしょうか?

宮脇咲良:おぉ~。あ、ちなみにじゃあIZONEのキャッチフレーズしますね。
あの全体の挨拶は、「Eyes on me!ハナガ・ドュンスンガン、モデュガ・ジュモケ。アニョハセヨ、アイズワン、イムニダ~」。

で、私のば色が、ポッコピンクっていう、ポッコが桜なんですけど、一人ずつ担当カラーがあるので、「アニョハセヨ、アイズワン、ネ、ポッコピンク、サクラ、イムニダ~」っていうのが、韓国のキャッチフレーズですね。

さぁそれでは対しまして日本の・・、ヤバイ久々に(笑)・・、行きます。
「あなたも、あなたも、みんなの心にさくら咲けっ!宮脇咲良で~す。」

・・・(笑)
ちょっとね、精神力ちょっといるんですよね。
精神力いる、本当に(笑)
いやぁ~、2年半は・・、長くないですよ。

タイトルとURLをコピーしました