【アメリカ留学体験談・後編】女子大生 土田ミユキさん

RADIO BERRY FM栃木 ラジオ番組「IZ*ONE本田仁美のWorld Get You」(毎週木21:30~21:45)の2019/10/31(木)の放送回にて。
アメリカに留学した大学生・土田ミユキさんのアメリカ留学体験談【後編】が紹介されていた。

スポンサーリンク

アメリカ留学前後で変わったこと

本田仁美:今回は先週に引き続き、アメリカに留学した大学生、土田ミユキさんのお話をお送りします。
先週は留学のきっかけや不安だったことなどをお聞きしましたが、今回は留学する前と後で変わったことをお聞きしました。

土田ミユキ:ありきたりなんですけど、やはり視野がかなり広がりました。
アメリカは日本と違って多民族国家なので、一つの問いに対する他の人達の意見っていうのが文化の数だけあったんですね。
で、まとまるのはすごい大変でしたけど、逆に言えば、今まで自分が考えもしなかったこと、あぁ、こういう答えもあるんだとか、それは思いつかなかったなっていう意見をたくさん聞けて、すごい参考になりましたし、あのー、日本に帰ってきて、やっぱり今も思い返すたびに思うんですけど、そういう経験をしてきたことは大学で勉強する上でもすごく活かされてます。

本田仁美:ミユキさんのお話を聞いてて、そうですね、やっぱり、いろいろな国の人がいるから、自分では思いもつかなかったような意見とかも聞けて、すごいいいなぁっていうふうに私も思いますね。うん。

アメリカ留学後の将来の夢

本田仁美:最後にミユキさんの将来の夢、そして私への質問などもお聞きしました。

土田ミユキ:正直、どんな職に就きたいかはまだ決まっていません。
でも、留学前は海外出張とか簡単に出来ればいいなって思ってたんですけど、今は留学をきっかけに、いまだにこう友達とのやりとりが多いので、どんな先になってもいつかは海外に住んだり、そういう人達に会って仕事を通じて恩返しをしていきたいなっていうふうに思っています。

ひぃちゃんに質問です。
えっと、私は海外に行って、最初のほう結構辛かったことが、やっぱり見た目が全然違くって、黒髪で小さくて、ザ・日本人みたいな(笑)、見た目をしてて、最初すごい視線を気になっていたんですね。周りの。
で、ひぃちゃんにもそういった辛い経験はあったのかなぁと思って、聞きたいと思いました。
また、その楽しかったこと、こう韓国に行ってここでしか経験出来なかったような楽しいことがありましたらそれも教えて頂きたいです。

本田仁美:留学前は出張などで海外に行きたいと思っていたそうですが、留学後は海外に住んで働くこともいいなと思うようになったそうです。海外の友達ができたりすると、海外がより身近になりますよね。
それからやっぱ留学したことによってそういうネイティブな英語とかも学べたから、生活するのはすごいいいんじゃないかなっていうふうに思いますね。

【ひぃちゃんQ&A】海外に行って辛かったこと&嬉しかったことは?

そして、私への質問でありましたが「海外に行って辛かった経験はありますか?また嬉しかった体験もあれば教えて下さい」ということで。
でも、お話、ミユキさんのお話聞いてて、私も、結構最近でも「韓国にはいない顔だよね」って言われて、あぁそうなんだって思ってたんですけど、でも、なんか「だからこその魅力があってすごい素敵だよね」っていうのも言ってもらえたので、そういう面ではすごい嬉しかったです。うん。

あとは、海外に行って嬉しかったことは、自分が今まで、まぁ食べ物なんですけどこれも、食べられなかったものも食べられるようになったし、なんか自分がダメだった部分、克服することがすごい出来るようになりましたね。
自分に自信を持つっていうこともそうですけど、結構まぁIZ*ONEのメンバーもそうなんですけど、韓国のみんなは結構正直にいろいろ言ってくれるので、だからあの、顔のコンディションが悪い時もちゃんと言ってくれるし、だからこそすごい「今日可愛いね」とか「今日綺麗だね」って言ってもらえたときは、その倍の嬉しさがあります。
だから、自分に素直にもなれるようになったかなっていうふうに私は思います。

2週に渡ってミユキさんのアメリカ留学の体験談をお送りしました。

タイトルとURLをコピーしました