【中国留学体験談・後編】大学生 陳菅野ヨシアキさん

RADIO BERRY FM栃木 ラジオ番組「IZ*ONE本田仁美のWorld Get You」(毎週木21:30~21:45)の2019/9/19(木)の放送回にて。
中国に留学した大学生・陳菅野ヨシアキさんの中国留学体験談【後編】が紹介されていた。

スポンサーリンク

中国留学前後で変わったこと

本田仁美:今回は先週に引き続き、中国に留学した大学生、陳菅野ヨシアキさんのお話をお送りします。
先週は留学のきっかけなどをお聞きしましたが、今回は留学する前と後で変わったことをお聞きしました。

陳菅野ヨシアキさん:中国人の方々は自由な方々が多いので、自分もその影響を受けて、自分のやりたいことは積極的にやろうと変わりました。
留学前は間違えることとか、遠慮してしまうことが多く、やっぱりその後悔してしまうことが多かったのですが、今では周りを考慮しつつも、やりたいことはやっていこうと変わりました。

本田仁美:留学先の中国の人達の自由な部分に影響されて、自分もやりたいことを積極的にやるようになったそうです。
やらないで後悔することが少なくなったそうです。
私すっごい優柔不断で、いつも「あ~、やろうかな~。いやでもやっぱりやめようかな~」ということがすごく多いんですね。
でもやっぱりね、なんでもやることのほうが、なんかなんでもね、たとえ失敗しても挑戦することって本当に大事だと思うので、私もやらないで後悔することを少なくできるように頑張りたいと思います。

中国留学後の将来の夢

本田仁美:最後にヨシアキさんの将来の夢をお聞きしました。

陳菅野ヨシアキさん:留学前は日本で就職して、日本にずっと滞在しようと思っていたのですが、留学をして外国人の方と関わることとか、意見を交換することなどがとても楽しく興味深いなと思ったので、留学をして将来やりたいことがすごく変わりました。

まだ今は正確には決まってません。
身につけた言語力を活かせるような仕事、たとえば、航空関係とか。すごい大変だとは思うのですが大使館とか。などで、国と国の間に立つような仕事がしてみたいですね。

弟と僕がWIZ*ONEであり、このような形でラジオに参加できるのがとても光栄です。
弟は大学受験を控えているので、よろしければ応援の一言頂けたら嬉しいです。

本田仁美:留学前は日本で就職してそのまま暮らす、なんて漠然と考えていたそうですが、留学をして海外の人と関わることが楽しかったので、国と国の間に立つ仕事をしたいそうです。
あ~、なるほど。留学を通して自分の世界が広がったんですね。

弟さんとヨシアキさんはなんとWIZ*ONE!ということで、体験談をお話して頂いて本当にありがとうございます。
ね、弟想いの優しいお兄ちゃんですね。弟さんも大学受験を控えているということで。
私と同い年かな。大学受験絶対受かるように、私もそしてIZ*ONEみんなも応援してるので頑張って下さい!

2週に渡ってヨシアキさんの留学の体験談をお送りしました。

 

タイトルとURLをコピーしました