蜷川実花が監督の映画「Diner」に宮脇咲良がウェイトレス役で映画初出演した話

bayfmラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」(毎週水24:00~24:30)の2019/7/3(水)放送回にて。
蜷川実花が監督の映画「Diner」に宮脇咲良がウェイトレス役で映画初出演した話がされていた。

スポンサーリンク

宮脇咲良:そして、私、宮脇咲良ですが、(2019年)7月5日に公開される映画「Diner 」に、歴代ウェイトレス役で出演することになりました。
主演は藤原竜也さん、監督は蜷川実花さんです。

これはプデュのときですかね。ちょうど。撮影してました。
で、ちょうどその次の日にまたプデュに帰らないといけないみたいなそのすごい隙間で、一日だけ撮影したんですけど。
蜷川さんから連絡で「どうしても咲良ちゃんに出てほしくて、すごい韓国行ったり来たりで忙しいって聞いてたんだけど、合間を縫って出てもらえるようになったから宜しくね」みたいに言われて、泣きましたね(笑)
「君はメロディー」で初めてお会いしたときからずっとこうよくして頂いてて、本当にありがとうございます。
私にとって多分、出演してるのは本当に多分すごい短いんですけど、初めて映画に出ます。ドキュメンタリー以外だったら。
ありがとうございます、実花さん本当に。
私も観に行かせて頂きます。いいんですよね?行って。
出演者って観に行っていいんですっけ?いいですよね(笑)
観に行きま~す。

思ったより出てるらしいですよ(笑)
試写会で私のファンの方が観に行ってくれてたらしいんですけど、思ったより出てるらしいので、皆さん是非観に行って私のこと探してみてください。映画については、「Diner 」のオフィシャルサイトでどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました