スポンサーリンク

宮脇咲良、IZONE専任前の最後の握手会を迎える心境を語る

2018/10/17(水)24時~放送のbayfmのラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」で、宮脇咲良はIZONE専任前の最後の握手会(2018/10/21)を迎える心境を語っていた。

宮脇咲良:さぁ、そして、IZONEに専任するということで、AKB48グループの活動は2021年4月までお休みさせて頂くということになりまして、最後の握手会まであと4日に迫ってきました。

[block1]2018/10/21(日)
Teacher Teacher 大握手会 幕張メッセ
https://akb.kingrecords.co.jp/page/teacher-teacher-715.html
[/block1]

いやぁ、まぁあの卒業するわけじゃないので一旦、こうIZONE専任前の最後の握手会ということになるんですけども、いやぁ、私にとってやっぱ握手会ってもう、あって当たり前じゃないんですけど、毎週ほぼあったし、皆さんと会える、こうコミュニケーションをとって元気をもらったり、あげたりする、そういうイベントだったので、こう2年半、IZONEとしての握手会はあると思うんですけど、48グループとしての握手会は無いっていうのは、どういう気持ちなんだろう?って。

未だにあまり実感はないんですけども、まぁ最後の握手会、笑顔で終われたらいいなって思います。

急に決まったんですけども、この最後の握手会が。本当はこの日程以外の握手会をとって下さった方もたくさんいらっしゃると思います。

ラジオネームようさんは11月、ラジオネームざ・らくてんだんすさんは12月に初めて握手会に行くというメールを頂きました。

もう本当にこういう方たくさんいらっしゃると思います。ごめんなさい。

でも、しっかりとIZONEで頑張ってくるので、ずっと見守っていて下さい。

あの、改めて言っておくと、IZONEの活動期間は最初から2年半って決まっているので、2021年4月には帰ってきます。

帰ってきたら、是非握手会、遊びに来てください。

もちろん、センターを頂いた2018/11/28にリリースされるAKB48のニューシングル「NOWAYMAN 」のリリースもあるので、是非楽しみにしていて下さい。

タイトルとURLをコピーしました