宮脇咲良「IZONEは2年半の期間限定のグループ。2021年の4月にはHKT48に戻ってくるので。」

2018/10/3(水)24時~放送のbayfmのラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」で、宮脇咲良が自身がメンバーとして参加するIZONE(日韓合同アイドルグループ)での活動期間やIZONEの活動終了後の予定について言及した。

スポンサーリンク

宮脇咲良:そして私と奈子(矢吹奈子とひーちゃん(本田仁美)はPRODUCE 48のオーディションから誕生したIZONEに専任するということでですね、2021年の4月までAKB48グループの活動をお休みさせて頂くことになりました。

ひとつ、あの、システムが結構難しくて勘違いされている方もいらっしゃるんですけども、IZONEというグループはですね、期間限定のグループです。
2年半って決まっているので、ま、だから、どんなに、たとえば凄い人気になれたとしても、2年半で終わりなんですよね。
それが今、もうすぐ解散される(PRODUCE 101)シーズン2のWanna Oneさんたちも、凄く韓国でもアジアでも大人気なんですけど、期間が決まっているので解散コンサートがもうすぐ行われますし、I.O.Iさん(PRODUCE 101 シーズン2)も本当に本当に大人気だったんですけど、惜しまれつつ解散ということで。

なので、本当に2年半だけのグループです。
このグループが解散した後にみんな個々の事務所に戻って、また新しく事務所のメンバーとデビューすることになるのが今までの流れでした。

だから、「行くんだったら戻ってこないつもりで行かないとダメだ」みたいなのは・・、いや、戻ってくるんで(笑)
すいません、戻ってきちゃいます(笑)
何があっても、2年半経ったら、2021年の4月に私達戻ってくるので、なんか、「覚悟を持っているなら帰ってきちゃダメ。」みたいな、その、まぁ、エールとして言って下さる方には申し訳ないですけど(笑)、帰ってきますので。

逆に2年半しかこのIZONEというグループは存在しないと思うと、その2年半を是非見守っていて欲しいなというか、もうそのメンバーで活動することは一生無いんですよね、本当に。

本当にないので、逆にこう2年半だけと決まっているからこそ、よりこう熱を持って応援してもらいたいなと思いますし、まぁ、その、(IZONEへの)専任が決まって、HKT48としてもう7年活動してるんですけど、初めて活動しないことになって。

まぁ最初聞いたときは私も驚いたし、寂しい気持ちもあったんですけど、7年目にしてこうやってこう環境を変えて、また1から挑戦できるチャンスをもらえるって本当になかなかないことだし、私はこう、一通りじゃないんですけど、48グループとしてすごいいろんな事を経験させてもらえたので、ここにきてまた違うことを経験させてもらえるのは本当に恵まれているなって思うので、こう、明るい気持ちで覚悟を持って、IZONEとして2年半頑張ってきたいなと思うので、まぁ、「留学」みたいな気持ちで、考えてくれたら、皆さんも分かりやすく、理解しやすいんじゃないかなって思います。

まぁ、寂しさはあるんですけど、逆に言えば、2年半、私、アイドル辞めないってことなので。
そう、ポジティブに考えるとそうじゃないですか?
だから、2年半は応援できます、皆さん。おめでとうございます(笑)

いや、この48グループ、急に卒業されたりするじゃないですか?
彩さん(山本彩)ももうすぐ卒業ですし、でも、私は2年半辞めないっていう。

ポジティブに考えましょう、皆さん!
前を向きましょう(笑)

タイトルとURLをコピーしました