スポンサーリンク

杉咲花&吉沢亮、映画「青くて痛くて脆い」について語る(2)

TOKYO FMラジオ番組「杉咲花のFlower TOKYO」(毎週日曜 8:00~8:30)の
2020/8/23(日)放送回にて。
8月28日に公開予定の映画「青くて痛くて脆い」にて、杉咲花と共に主演を務めた吉沢亮がゲストとして番組に招かれ、撮影の様子などを語っていた。

撮影現場の様子

杉咲花:どうでした? 撮影現場。
1年ぐらい前ですよね。

吉沢亮:1年ぐらい前だよね。

杉咲花:でも、楽しかったですよね。

吉沢亮:楽しかったですね。
花ちゃんがひたすら人狼ゲームをみんなに勧めて…。

杉咲花:そうです(笑)。
すみません。ご迷惑をおかけしました…。

吉沢亮:いやいや、楽しかったんですけどね。
だから本当に僕とか、それこそメイクさんとかも入れてみんなで人狼やってて。
あれ、でも楽しかったですよね。

杉咲花:ありがとうございます(笑)。

吉沢亮:毎回このゲストにも勧めているんですか? 人狼を。

杉咲花:いやそんなことないですけども(笑)。
結構この番組では「人狼好き」な話、何回もしています。

吉沢亮:あぁそうなんだ。そうかそうか…。
なんかさ「ゴリラ人狼」みたいなのやらなかったっけ?

杉咲花:ありましたよね(笑)。

吉沢亮:やってたよね?

杉咲花:役職が「人狼」と「村人」の他に「ゴリラ」っていうのが増えていて。
「ゴリラ」になっちゃった人は「ウホ」しか言えないんですよ(笑)。

吉沢亮:それヤバいよね(笑)。

杉咲花:カオスでしたよね…。

吉沢亮:いや楽しかったですけどね。

杉咲花:また今度やりましょうね(笑)。

吉沢亮:やりましょうね(笑)。

監督について

杉咲花:監督(狩山俊輔さん)とは初めてでしたか?

吉沢亮:僕「初めまして」でした。(そちらは)どうですか?

杉咲花:狩山さんは、私は「妖怪人間ベム」っていうドラマが…。

吉沢亮:あぁ!

杉咲花:どのへんくらいですかね…?
6年以上前だと思うんですけれど、ご一緒させていただいていて。

吉沢亮:あぁ、そうなんですね。

杉咲花:当時はドラマにレギュラーで出演させてもらうのも初めてで…。なんかもうずっと緊張しちゃって、全然(演技が)できなくて。狩山さんに怒られて…怒られるっていうか、結構厳しい指導を受けることが多くて「怖い監督」っていうイメージがあったんですけれど…。

吉沢亮:へぇ~。

杉咲花:時間が経ってまた再会できて、自分も必要以上に緊張し過ぎずに「前よりちょっとは現場に立てるようになったのかな」っていうのがあって、いろんなお話出来たのが嬉しかったですね。

吉沢亮:ん~、なるほど。
え? でもそんな前ってなると、いくつのとき?

杉咲花:中2…中1とかです。13歳、14歳とかですね…。

吉沢亮:はぁ~! すごいですね。
そっか。そんなときから役者さんやってるんですもんね。

杉咲花:でも、吉沢さんもそうですよね?

吉沢亮:僕は…高校1年のときに今の事務所に入って。

杉咲花:あ! そうなんですね。

吉沢亮:そうなんです。で、そこから事務所のちょっとした舞台みたいなものを何本かやったり…みたいな感じなんで。

キャストについて

杉咲花:他のキャストの皆さんと何か印象に残っていることとかありますか?

吉沢亮:印象に残っていること…?

杉咲花:…でも、あんまり「ガッツリ一緒」っていう時間、なかったですよね。
他のキャストの方々とは。

吉沢亮:そうなんですよね。

杉咲花:でも、本当にみんなで「人狼」しましたよね。

吉沢亮:「人狼」しましたね(笑)。

杉咲花:あんまり乗り気じゃなかったかな…っていう感じはちょっとあったんですけれど。

吉沢亮:そうなんですよ。僕と花ちゃんはすごい楽しそうに、楽しくやってたんですけど…。
1回、みんなが集まるシーンがあってね。

杉咲花:はい。

吉沢亮:そこでなんか…割とこう、みんな気を使ってる感じで。
そんなにまだ打ち解けてなかったから、花ちゃんが「人狼やりましょう!」って言って、みんなで「人狼」やったんだけど…あんまり盛り上がらなかったっていう(笑)。

杉咲花:…とても申し訳なかったです(笑)。

吉沢亮:いやいやいや。
面白かったですけどね。僕は見ていて(笑)。

タイトルとURLをコピーしました