細野晴臣×小山田圭吾のラジオトーク(2019/8/4放送回#1)

InterFMラジオ番組「Daisy Holiday」(毎週日曜25:30-26:00)の2019/8/4(日)放送回にて。
細野晴臣と小山田圭吾のラジオトークが行われていた。

スポンサーリンク

細野晴臣:こんばんわ、細野晴臣です。
さて、今週も先週に引き続き、6月の終わりにこのスタジオで行った小山田圭吾君とのインタビュー素材をラジオ版としてお届けします。
インタビュアーはele-kingの野田努さんと、音楽ライターの松村正人さんです。

インタビュアー:ちなみにその世界の、ここなら暮らしてもいいかなって思うような場所ってありますか?

細野晴臣:小山田君に聞きたいね、それ。

小山田圭吾:僕ですか。いやぁ・・、どうでしょう?

細野晴臣:(笑)

小山田圭吾:やっぱ東京がいいんですよね。やっぱり(笑)

細野晴臣:帰ってくるとそう思うけどね。

小山田圭吾:そう思っちゃう。でも、まぁ。う~ん、僕はどこかな~・・。

細野晴臣:僕は発作的にたとえば、YMOでスペインでライブやったときに、ヒホンという街でやったんだけど、その街がすごいメンバー気にちゃって。今度ここで待ち合わせようとかね。

全員:(笑)

細野晴臣:言ってたんですけど、帰ってきて神戸に行ったら「あっ、神戸のほうがいいや」と思って。

全員:(笑)

小山田圭吾:細野さん、一時期、あれ札幌でしたっけ?

細野晴臣:函館。

小山田圭吾:函館もいいとか、神戸がいいとかね、言っていた時期ありましたね。

細野晴臣:港町好きなんでね。

インタビュアー:どういうところがお好きなんですか?

細野晴臣:えっとねぇ。ヒホンもいい港町なんですよ。
もうなんかこう、明かりがいいんですよ。街の照明がね。
ほんのりがっそうみたいな色の。すごくこう憧れて、住んでもいいかなと思ったけど、実は食べ物が全部スペイン料理だもんね。

全員:(笑)

インタビュアー:実はっていうことでもないと思いますけどね(笑)

細野晴臣:神戸は中華、うなぎ、喫茶店、もういろんなものが並んでるでしょ。
やっぱり日本がすごいなと思いますよ。

小山田圭吾:でも細野さん、東京以外住んだことないですよね。

細野晴臣:ないね。

小山田圭吾:(笑)

細野晴臣:あ、でもまぁ埼玉。

小山田圭吾:あっ、そうかそうか。狭山時代がありますね。

インタビュアー:住むところで作るものは変わったりするんですか?

細野晴臣:いや、時々考えますよ。あのー、たとえばアイルランドとかね。
あっちのほうの何にもない野原の一軒家でアンビエント作ったらいいんだろうなとかね。

全員:(笑)

細野晴臣:思いますけど。思うだけですね。

インタビュアー:その風景は想像するのに(笑)ちょっとスゴイですね。

細野晴臣:そうそう。想像だけでやってますから。

インタビュアー:あ、でも、そういうイマジネーションで音楽をここで作ればまた。それはそれで。

細野晴臣:そういうことですね。だって、僕はトロピカル(トロピカル・ダンディー)の曲やってる頃は4畳半で作ってましたから。

全員:あぁ~(感心)。

細野晴臣:「熱帯夜」っていう曲はクーラーのない4畳半で。

全員:(笑)

細野晴臣:熱帯夜の日に作ってたんだ。

小山田圭吾:そうなんだ。

細野晴臣:だからこう、なんだろう、こう無いものにあこがれて夢想するっていうのがいいんじゃないかな。

インタビュアー:4畳半からそうやってこう飛んでいくんですね。

細野晴臣:そうです。

小山田圭吾:イマジネーションがね。

細野晴臣:実は6畳ぐらいあったかもしれない。

全員:(笑)

インタビュアー:そこは今、厳密に言うところじゃないと思いますけど(笑)
4畳半トロピカル3部作みたいな感じですね。それかっこいい、かっこよくないですか?(笑)

細野晴臣:かっこよくはないでしょ。

インタビュアー:まぁでもそうやって、イマジネーションでいろんなところにいけるから、実際に飛行機とかに乗るよりも、そうやって空想で行くほうが細野さん的なのかもしれないですね。

細野晴臣:まぁ、自分には向いてますね。それが。うん。

Daisy Holiday
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるラジオの備忘録をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるラジオの備忘録
タイトルとURLをコピーしました